女性のQOL向上
女性のQOLのイメージ画像

男と女のメカニズムには大きな差があることを理解し、QOLが高まるようにしましょう

2014年06月の記事一覧

漢方療法で月経前症候群を治療

月経前症候群とは、月経が来る10日ほど前から起きる様々な症状の事を言います。
代表的な症状としては、身体的症状は下腹部痛や腰痛等、精神的症状としては、イライラや涙もろくなる等といった症状があります。
人によって症状の種類や重さが異なるという特徴があります。
月経前症候群の病院での治療方法の代表的なものとしては、薬物療法が挙げられます。
鎮痛剤や抗うつ薬、場合によっては低用量ピル等を使って、月経前症候群の症状を改善するという治療方法です。
しかし、月経前症候群は毎月のように起きる症状のため、頻繁にこういった薬を使う事になります。
その事に抵抗を感じる人も少なくないはずです。
そういった方に最適な治療方法が漢方による治療です。
漢方療法で月経前症候群を治療するという事は、身体の根本から体質改善を行って治療するという事になります。
使われる漢方薬は植物等の自然由来のものを原料としているので、副作用が少なく身体への負担が軽いという特徴があります。
月経前症候群の治療には、主に血のめぐりを良くする働きのある漢方が用いられます。
複数の種類を合わせて服用する事で、バランスの取れた効果を発揮します。
ただし、効果が実感出来るまでに数ヶ月を要するので、症状の改善を焦らない事が大切です。

続きを読む

実際に服用してみて

watch033生理が始まったらその日から服用開始です。
毎日同じ時間に飲むために、アラームをセットすることにしました。

最初はアラームが鳴るたびに「ああ、飲まないといけない」と慌てていましたが、1シートの半分が飲み終わる頃には慣れてきました。
そして、いつものPMSが始まる時期を迎えました。

完全に好調とは言えませんでしたが、これまでより落ち着いた気持ちで過ごすことができたように思います。
そして、飲み続けるうちに効果を実感するようになりました。

あんなに苦痛だった気持ちの浮き沈みが減り、フラットな気持ちで一ヶ月を過ごすことができるのです。
それだけでも、ピルを飲むことにしてよかったな、と思いました。
しかも、ホルモンの分泌が安定したおかげか肌荒れも改善され、毎日楽しく過ごしています。

続きを読む