女性のQOL向上
女性のQOLのイメージ画像

男と女のメカニズムには大きな差があることを理解し、QOLが高まるようにしましょう

生理痛にまつわる悩み、体験談

生理痛は個人差があると言われますが、おそらくほとんどの女性がそれぞれの体験談を持っていることでしょう。
色々な体験談をみてみると、それほど生理痛が重くない人であれば「腰が重い」「下っ腹がなんとなく痛い」などの症状で済みますが、重い人だと、「気分が悪くなる」「吐いてしまう」「立っていられないぐらいの激しい腹痛」などの症状があるようです。なかには救急車を呼んだことがあるという体験談をお持ちの方もいるぐらいです。
男性や、女性でさえ生理痛がない人や軽い人にとっては、そこまでの痛みがあるという事に理解を示しにくいものですが、重たい人にとっては、毎月1度はおとずれるこの痛みは大変な悩みです。生理痛が原因で学校や仕事を休まざるを得ない事は、周りの理解がなければ、本人にとっては非常につらいものとなります。痛みの悩みだけでなく、周りの理解のなさによる悩みも抱えているわけです。「たかが生理痛」と侮ることなく、生理時に体調が悪くなる人がいれば、理解を示して休ませてあげるようにしましょう。
それでは、生理痛はどうしておこるのでしょうか。
それは「プロスタグランジン」という物質が要因の一つです。この物質は生理の経血を体の外に排出するために、子宮を収縮させる役割があります。この子宮の収縮が、下腹部のキューっとした痛みにつながります。また、血管を収縮させる作用もあるので、腰痛や腰のだるさ、冷えを引き起こし、その冷えから胃腸の働きを低下させ、吐き気や下痢などの体調不良の原因にもなります。生理痛が重い人は、このプロスタグランジンの量が多い事わかっています。
生理痛は体質によるものもありますが、「規則正しい生活する」「体を温め冷やさないようにする」「定期的な運動をする」「食事に気を配る」などの、生活習慣の改善によっても予防・軽減ができます。痛みを少しでも軽減させるために、まずは生活習慣を見直してみましょう。