女性のQOL向上
女性のQOLのイメージ画像

男と女のメカニズムには大きな差があることを理解し、QOLが高まるようにしましょう

オギノ式より成功率の高いピルでの避妊と出血などの副作用

ピルとは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)から構成される女性ホルモン剤によって意図的に妊娠を回避するための薬です。
ピルは月経一日目を初日とし、一日一錠ずつ決まった時間に服用する事で高い確率で精子の着床を防ぎ、妊娠のリスクを軽減する事ができます。
飲み忘れなく毎日きちんと服用した場合の避妊成功率は99パーセント以上であり、飲み忘れを考慮した場合でも92パーセントの成功率を誇ります。
かつて女性が自主的に行える避妊方法はオギノ式と呼ばれる基礎体温を毎日測る事で月経周期を把握し、妊娠しやすい時期と妊娠しにくい時期を把握して避妊するやり方がメジャーでした。
ですがオギノ式は周期の把握はできても物理的に精子の着床を防げるわけではなく、また基礎体温だけでは体調によって多少のずれがある事から徐々にマイナーとなっていきました。
その後低用量ピルが一般的に普及し、現在ではオギノ式からピルへと避妊方法が推移しています。
またピルには生理の際の出血を抑えたり子宮内膜症の治療、月経周期の安定化など、避妊以外での用途にも使われています。
ただし人によっては血栓症や肝機能障害、不正出血や頭痛、吐き気などの副作用が出る事もあるので使用には医師の診察が義務付けられており、注意が必要です。
その他、低用量ピルの他にモーニングアフターピルという望まぬ性行為によってもたらされる妊娠のリスクを回避するために長期的な服用ではなく1回のみ服用するタイプもあります。
ですがこちらも不正出血や嘔吐感、頭痛などの副作用があるため、基本的にはレイプなどの意図しない性行為を強いられた際の緊急対策としてのみ用いられています。